弁護士費用

 一般的に、弁護士に支払う費用としては、①法律相談料、②着手金、③報酬金、④実費・日当、⑤手数料、⑥顧問料などがあり、事件の内容(当事者間の争いの有無や事案の難易)によって、金額が異なります。具体的な費用については、各項目のリンク先の「料金表」をご参照ください。個別の料金設定のないものについては、「報酬基準表」をもとに算出いたします。

① 法律相談料

 法律相談を受けたときにお支払いいただく費用です。
 初回の方は相談無料(1時間まで)です。それ以外の方については、30分4000円(税別)。以後10分ごとに1000円(税別)となります。
 事業者の方は、30分8000円(税別)となります。以後10分ごとに2000円(税別)となります。

② 着手金

 着手金は、弁護士に特定の業務を依頼した段階でお支払いいただくものです。事件の結果に関係なく、返還されるものではありませんのでご注意ください。

③ 報酬金

 報酬金は、事件が終了した場合に、当該事件の結果(経済的利益の額)に応じてお支払いいただくものです。ただし、報酬金は判決や和解などの確定によって生じ、実際の回収金額により増減するものではありませんのでご注意ください。全くの不成功(全面敗訴)の場合には、支払う必要はありません。

④ 実費、日当

 実費は、事件処理のために実際に出費されるもので、裁判所に納める印紙代や予納郵券(切手)代、謄写料、通信費、交通費などです。出張を要する事件については、宿泊費、日当がかかります。

⑤ 手数料

 手数料は、1回程度の手続、事務処理をする法律事務についてお支払いいただくもので、書類(契約書、遺言書)作成、遺言執行、会社設立などがあります。

⑥ 顧問料

 顧問料は、弁護士と顧問契約を締結し、その契約に基づき継続的に行う一定の法律事務に対してお支払いいただくものです。