遺言

 遺言とは、法律で定められた事項について、法律で定められた方式に従ってなされた生前の意思表示をいいます。
 法律で定められていないこと(たとえば、兄弟仲良くすることなど。)を遺言に書くこともできますが、法律的には意味がありません。
 また、遺言によって、自分の財産を特定の人に贈ることを遺贈といい、遺贈を受ける人のことを受贈者といいます。受贈者は、推定相続人以外の人もなることができるので、遺言を書くことによって、相続権の無い内縁配偶者や友人などに財産を残すこともできます。ただし、この場合には、後の紛争を避けるためにも、相続人の遺留分に配慮する必要があります。