成年後見制度

 成年後見制度とは、高齢になられた方が認知症や健忘症になってしまった場合や知的障害を負ってしまった場合など、精神上の障害により、判断能力が不十分になると、不動産を処分したり、預貯金を管理したりする際に問題が生じます。たとえば、施設に入所する契約を締結する場合や病気や障害につけ込んで、悪徳商法の被害に遭う危険もあります。そのようなリスクを回避し、判断能力を補う援助者を付するのが成年後見制度です。

 成年後見制度には、大きく分けると、法定後見制度任意後見制度の2種類があります。