下請法

 下請法は、規模の大きい会社(親事業者)が規模の小さい会社や個人事業者(下請事業者)へ、製品の製造を委託したり、あるいは機械・設備等の修理を委託する場合(下請取引)、一般的に立場の弱い下請事業者を保護するため、親事業者の義務禁止行為を定めた法律です。