契約書の作成・チェック

 契約とは、契約当事者間の「申込み」と「承諾」の意思表示の合致をいいます。これに対し、契約書とは、その「申込み」と「承諾」の意思表示の合致を書面化したものをいいます。
 したがって、契約は、口頭でも成立し、契約書がなければ契約が成立しないわけではありません。
 ところが、契約を締結しても、書面化しておかないと、相手が契約内容を忘れたり誤解していて契約内容の履行をしなかったり、相手方関係者の退職、転勤などにより、契約を反故にされるなどの問題が生じるおそれがあります。このようなトラブルの発生を防ぐため、すなわち「紛争の防止」のために、契約書を作成しておく必要があります。